ジャッジメント(双葉社)

ジャッジメント(双葉社)

20××年凶悪な犯罪が増加する一方の日本で新しく作られた法律が「復讐法」です。大事な人がもし殺されたら1度は犯人に思う事は「復讐したい」「こいつを同じ目にあわせてやりたい」ということです。ハンムラビ法典の目には目を歯には歯をという感じです。この法律は被害者たちを救う法律になるのかそれともならないのかというのが概要です。
ジャッジメントでは復讐法を選んだ被害者の遺族の「この方法で良かったのか」「自分も人殺しになるのではないのか」というやりきれない思いや葛藤、加害者遺族の罪を「犯したけどどうか命は助けてあげて欲しい」という願いなど様々な側面から見てとれます。自分ももし、大切な人が殺されていたのならこんな法律なくても罪を復讐していたのかもしれません。ですが、この本を読んでちょっと分からなくなってきました。大切な人の命を奪った人はもちろん許せない。ですけど、自分も同じことをしてもいいのか?もし復讐法を選択したとしてその後の気持ちははれるのか?復讐より、長ーい時間その大切な人のいない時間に耐えれるのかそっちの方が怖くなってきました。そういうことも考えれる本だと思います。